スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.09.03(土)

C-MAPを使ってみる

ダウンロードとインストール
まずは、j-skái.com からC-MAP 0.79をダウンロードする。
今回は
Windows インストーラ 形式(通常はこちらをダウンロードして下さい)
cmap079.msi (740KB)

をダウンロードしました。

ダウンロードできたらcmap079.msiをダブルクリック。
cmap1.jpgC-MAP0.79 - InstallShield ウィザードが出ます。
次へを押してください。

cmap2.jpgユーザー情報画面がでます。
ここはこのまま次へでいいと思います。

cmap3.jpg次はインストール先のフォルダを聞いてきます。
これも特に変える必要は無いのでこのまま次へを押します。

cmap4.jpgインストールを開始する準備ができたので
インストールを押してください。

cmap5.jpg数秒~数十秒待つと完了します。
完了を押してインストールは終了します。


使ってみる
まず、デスクトップに出来てるC-Map0.79と書いてあるアイコンをダブルクリックします。(スタート→すべてのプログラムにもC-MAPのショートカットがあります。)

cmap6.jpgダブルクリックするとまずこの画面が出てきました。
新規に作るので新規作成にチェックを入れてOKを押します。

cmap7.jpg次に、C-MAP本体が出てきてさらに「イメージファイルを選択してください。」という窓が出ます。
ここでC-MAPに使う画像を選択します。

ichigo.jpg今回はこのイチゴの画像を使います。
画像は、写真素材さん


cmap8.jpg画像を読み込みました。
まずは、左のツール類から好きなツールを選びます。
四角形の矩形ツールを使用してみます。

cmap9.jpg右下の苺の1をクリックしてそのまま2へドラッグします。
この水色の四角の部分がリンク部分となります。
右上のポイントの部分に座標が表示されています。
ま、座標はそんなに気にしなくてもいいと思いますが。

cmap10.jpgURL・ターゲット・ALTを設定しました。


cmap11.jpg一つではつまらないので、多角形ツールでもう一つ作ってみました。
苺の形をそのままリンク部分になるようにしました。
リンク先は画像を配布してる写真素材さんにしてみました。

cmap12.jpg後は保存するだけです。
ファイルから名前を付けて保存を選びます。

cmap13.jpgファイルの種類はhtmlを選んだほうがいいと思います。
ファイル名を適当につけて保存を押します。


今作ったtest.htmlファイルです。お試しください。
test.html

注意する事
楕円ツールを使って円を描くと
cmap-1.jpgこのようにこんなアイコンがでます。
が、そんなに気にする必要はありません。


cmap-2.jpg保存する時に処理の選択と言うのが出るので、Polyに変換を押してください。


フリーハンドや多角形ツール等を使用した場合
cmap-3.jpgこのようなアイコンが出る事があります。
これは始点と終点が離れてる事を意味しています。


cmap-4.jpg保存のときに処理の選択が出ます。
強制的に閉じるを押してください。


なお、両方共に無視する事ができますが、無視を押すとリンクが生成されません。
スポンサーサイト
│posted at 10:33:58│ トラックバック 0件
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
このサイトについて

  • 画像はクリックで拡大

  • リンクフリー

 
詳しいメニュー

ヤプログで画像をアップロード
ヤプログ講座サイト
ピクトベア講座サイト
PictBearの事。
JTrimでjpg保存
JPG画像変換比較
ピクトベア用ブラシ配布
ピクト用ブラシ追加
歴画を作る
アドレスバーを出す
拡張子を表示させる
GIF動画 チカチカ編
GIF動画 スクロール編
GIF動画 おまけ
HTML・CSS・FTP
BBS・素材・TABLE

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージのある方はメールフォームからお願いします。

 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。